誰にも負けないイラストを描きたい!コツをおさえてライバルに差をつけろ!

まずはスケッチから!

落書きをしていたり好みの絵柄を見かけた時に、自分も目を見張るようなイラストを描きたいと思ったことはありませんか。
好きな作家の絵柄を真似するのも良いでしょう。一見簡単そうな絵柄であっても、
高揚させるイラストを描く為に作家は努力を積み重ねています。
早く上手くなりたい!この人以上に描けるようになりたい!描いてはいるけど上手くならない…
そんな場合は、少し遠回りしてみましょう。
今、目の前にある物を同じように描いてみて下さい。
どこがどう曲がっているのか、どう反射して、どこに影があって暗くなっているかなど、
モニタに写っているものではなく、実物をデッサンすることが大事です。
好きな小物ですと、描くのも楽しくなりますよ。

他人から見れば努力でも自分は…

デッサンをしてそれなりに上達したし、好きな作家の絵柄を模写してみたり、 色を塗ったりもしたけれど、どことこなく薄っぺらい感じがする。 描き上げた時は最高のイラストが描けた!と思っても、 時間が経って見直してみると、どことなくおかしい気がする…。 自分の実力の壁にぶち当たってしまったと思うでしょう。 自分の成長はここまでなのかと不安に思うかも知れませんですが、安心してください。 それは壁ではなく、伸びしろです。 変だと思えるということは、見る目が養われている証拠であり、次に活かしていけば良いのです。 そうやって試行錯誤していれば、オリジナルの素敵なイラストがきっと完成すると思います。 悩みも楽しみの一つとして、一番大事な事は楽しんで描くことです。